JACSボートライセンススクール

船舶免許、特殊小型免許、ボート免許を東京もしくは千葉で取られたい方は当スクールにお任せ下さい。


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年、様々な目的を持って小型船舶免許を取りたいという人が増加しているようです。水上バイクでマリンスポーツを楽しみたい、船舶を借りて、自分の運転で誰に気を使うことなく釣り等を楽しみたい等、取得したい動機はさまざまです。ただ、船舶免許を取得出来るスクールは限られていて、どんな所が良いのかよく分からないと悩んでもう一歩先に進めないという人も多いようです。そのような人たちにぜひおすすめしたいのが、このスクールになります。ここは、1級・2級の小型船舶操縦士免許や、水上バイクを操縦するのに必要な特殊小型船舶操縦士免許が取得出来るスクールです。ここの最大の売りともいえるのが、免許取得までのスピードです。最短2日の集中講義で1級小型船舶操縦士免許等が取得出来るというスピードは、業界内でも群を抜いた速さになります。早く免許が取得出来るからといって、簡易的な講習や実技演習のみで済まさず、きちんとした講習を行ってくれるという安心感も売りの1つといえます。幅広い知識や経験を持った様々な年代の男女の講師が在籍し、どんな世代でも受講がしやすいですし、試験艇とほぼ同タイプの研修艇で練習が出来るためより実践的な経験が積めます。ただ、仕事等が忙しく、どうしても講習に参加出来ない日があるとの不安を抱えている人もいるかと思います。そんな心配もここなら必要がありません。いつでも学科の補講を受けさせてくれて、その料金は無料になります。さらに講習日も自分の都合の良い日程で設定出来るため、続けて通えないという人でも安心です。実際に、ここには平日昼間仕事で忙しいというサラリーマン等も多数通っており、免許試験の合格者も多数輩出しています。こうした受講者の事を最優先に考えた取り組みを行ってきた結果、設立20年以上の歴史を誇りながら、学科と実技共に96%以上という高い合格率をキープしています。自分に合いそうなスクールが見つからないと悩み続けている人は、今すぐここに相談してみると良いでしょう。
Tagged on: , 東京・千葉で船舶免許・ボート免許なら【JACSボートライセンススクール】