OKC

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大手企業を中心に日本国内でも英語の必要性が高まっています。これまでの学校の教育は読むこと、書くことが中心でしたが、ビジネスの場面やネイティブの人とコミュニケーションをとるためには聞く力、話す力が求められます。働き始める前、学生時代にその能力を磨くためには学校の授業以外に自分で学ぶ必要もあり、その一つとして留学があります。留学を希望する生徒が自分ですべての手配をするのは難しく、斡旋してくてる業者を利用することになりますが、その一つがOKCです。その一番の特徴は、他社に比べて最も多くの現地高校、大学と提携している点です。業者が指定する学校にただ行くのではなく、いくつもの候補の中から事前に調べて自分に一番合った学校を選ぶことができます。初めて外国に行く人や、英語がまだうまく話せない人はいくつもの不安があるでしょうが、5都市に日本人スタッフ常駐の直営事務所を構え、16都市に日本人アドバイザーを配置していますので、不安な点や心配事があるときも日本語で対応してもらえます。高校生が大学進学を目指すときにもオークランド大学などの15大学と提携していますし、日本国内の大学への進学サポートも行っています。留学と聞くと費用面も心配でしょうが、必要な経費は全明細を実費で提示してくれますので、あらかじめ金額を知ることができます。特に英語に自信がない人には英検1級合格者が講師として中学英語の基礎から指導してくれますし、出発前だけではなく留学中も希望科目を東大卒の講師から学ぶことができ、スカイプを利用した個人指導も受けられます。何らかの理由で不登校となった生徒の留学もサポートしていて、生徒の明るい未来、大学進学への道を開いてくれます。留学経験が大学進学や就職で有利になる時代です。若いうちに英語の力だけではなく、外国の人とのコミュニケーションを図ることで、今まで知らなかった自分、新しい自分を発見できます。
Tagged on: , 中学・高校留学のOKC | ニュージーランド・オーストラリア