誠友堂

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

銀座誠友堂では、鎧甲、そして昔の武器や刀など、様々な骨董品を取り扱っています。その類の商品が好きな人にとっては最高のお店といっても過言ではないでしょう。また、金の加工に精通している業者としても、非常に有名です。金と言うのは、確かに優秀な資産価値のある金属ですが、大きな塊で所有したままだと税金が大きくなってしまいます。例えば、500グラムの塊の金をお金に換金したり、贈与したりすると、それなりの税金がかかってくるでしょう。しかし、これを100グラムに小分けに精錬することで、節税をすることが可能です。銀座誠友堂では、この技術を、お客様と骨董品の売買をしていくうちに、情報収集をすることで入手しています。しかるべき知識と技術、そして情報のもと、間違いのない小分け分割作業をしてくれるので、お得な形で金を所有しておきたいと感じている人にとっては、非常に魅力的な業者だと言えるでしょう。密輸の取り締まりが厳しくなってきたので、その影響からか、1キログラムのインゴットを精錬する際には手数料が発生するので気をつけておきましょう。また、精錬作業に関しては完全予約制となっているので、そこも覚えておきたいところです。銀座誠友堂にお願いをしたいときは、とにかく連絡を取り、予約を入れるところから始まります。そのあとでお店に持ち込みをし、預かり証と領収証の両方を受け取って、出来上がるのを待ちましょう。引き渡しの際には、預かり証が必要となるので、無くさないように注意するべきです。他のお店に比べても立地条件に優れていて、地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分で到着することができます。思い立ったときにすぐに足を運ぶことが出来るのも、このお店の魅力と言えるでしょう。刀の種類に関しては、なんと200振りを超えるほどの種類を取り揃えている場所です。金の精錬作業だけではなく、骨董品にも手を出したいなら、頻繁に足を運んで、新しく入ってきた商品をチェックしてみるのがオススメとなります。
Tagged on: , 事例紹介 | 金は小分け分割で節税【銀座誠友堂】