DRERICH

ウェディングドレス・タキシード&ゲストドレスのレンタルなら東京・横浜・名古屋・大宮全国4店舗のドレリッチ!結婚式・披露宴・二次会ウェディングドレスが14,850円から。ゲストドレス8,580円。レンタルドレスの全国配送ネットレンタルOK


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドレリッチは、東京と大阪、そして横浜などといった、全国で6店舗を構える、非常に大きな活躍を見せているドレスレンタル業者です。ウェディングドレスはもちろんのこと、その他にもパーティードレスなど含めて、様々な種類のドレスがレンタルできるようになっているので、確認してみることをお勧めします。また、インターネット上でやり取りをすることもできるので、ネット上で完結させたいと感じている人にも、お勧めできる選択肢だと言えるでしょう。レンタルコーディネートに関しては、当日だけで済ませるのであれば、なんと13500円で実践してくれます。非常にリーズナブルな値段でレンタル、そしてコーディネートの両方を済ませることが出来るのも、このお店の魅力の1つです。また、ドレリッチは、店頭で試着してお願いするパターンと、インターネット上からお願いする2つのパターンがあるので、自分の都合に合わせて選ぶようにしましょう。店頭でお願いするときは、試着をすることができるので、とにかくこちらの方が確実でお勧めです。ただ、インターネット上でやり取りをするなら、時間と場所に縛られないですし、店頭で色々とお願いするよりもリーズナブルな値段で終わらせることができます。サイズを選ぶことに自信があるなら、こちらを選んでも良いでしょう。もちろん、スタッフが親身になって、どのようなサイズを選ぶべきなのか、色々と教えてくれます。ちなみに、送料に関しては片道一律2000円となっており、利用者が負担することになっているので、注意です。レンタル料金だけではなく、この送料に関しても、必ず視野に入れておくべきだといえます。いろいろな番組の貸衣装なども承ってきたことがある、実績ある業者なので、東京都内でどこにするべきか迷ったら、とにかくドレリッチを選んでおけば、間違いはないと言えるでしょう。実際に、有名な雑誌やテレビなどの、いろいろなメディアでも取り上げられています。
Tagged on: , レンタルドレスのドレリッチ | ウェディング・結婚式ドレスをレンタル!